So-net無料ブログ作成
検索選択

選挙には行くべきか

いつも選挙の投票率を見て思うことは、こんなに低くて民意は反映されるのかということです。

私は反映されるとは思えません。つまり選挙に投票したからと言って政治が変わる可能性は低いということです。

投票すべき相手がいない場合に白票を投じるという話も聞きますが、この票が有効票と認められるには高いハードルがあると思われます。

だからと言って投票しないというのはもっと意味がないことです。

民意が反映されないのはそもそも投票という意思表示をした人の絶対数が少ないからです。

確かに立候補者が掲げる公約は画一的なことが多く、またそれが実行されないという不信感があるのも事実ですが、それでも投票して、少しでも共感できる立候補者に票を集めることが大切なのです。

いきなり政治が変わることは難しいですが、少しずつ変えていくことはできるはずです。

選挙に投票するということは今の自分にではなく将来の子孫たちのために行うものだと考えるべきです。

http://xn--eckvdwa9801a9b1ayu7buea.com/
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。