So-net無料ブログ作成

日本の本はきれいですね

大昔になりますが、始めて海外旅行に行ったときのお土産にペーパーナイフを買いました。海外ドラマで見た本のページをペーパーナイフで切りながら読み進む姿がとてもエレガントに、また格好良く見えたからです。
でもよく考えてみれば、日本の本のように始めからキレイにカットされて製本されていればそんなことをする必要はないのですね。
今も同じですが、本屋さんの洋書コーナーで見つける海外の単行本やコミックに使われている紙はザラザラで、日本ではほとんど見られないものが使われてます。
そんな紙では日本語を印刷しても文字がつぶれてきっと読めないんじゃないかと思います。
逆に言えば、西洋のアルファベットを印刷して読むには、こんな紙質でも構わないということになるのでしょうか。日本文字が繊細な分、現在のような上等な紙文化が生まれて本当に幸せです。

本屋のバイトの体験談
nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。