So-net無料ブログ作成
検索選択

イオンショッピングモールは、とても利用しやすいお店です

イオン買い物へ出掛けると、1カ所のショッピングセンターでいろいろな物を買う事ができるので、時間の節約になり助かっています。

食料品や日用雑貨だけでなく、薬・衣料品・電化製品・CD・雑誌ペット用品など、イオンへ行くと生活に必要な物を全て揃える事ができます。

買い物へ行ったついでに、イオンの銀行ATMを利用すると、銀行へ行く手間も省けます。



イオンショッピングモールはとても広いので解放感があり、ゆっくりできます。

数々の飲食店も入っているため、食事場所にも困りませんし、ベンチの設置数が多いので、疲れた時の休憩場所にも困りません。



イオンは大型駐車場完備なので、空車待ちで長い時間待たされる事もありません。

地下駐車場や、屋内立体駐車場があるので、天候が悪い日でも車とお店の移動がスムーズにできます。駐車スペースも広いので利用しやすいです。

http://xn--u9jwfbw6mvb7p.com/

nice!(0) 

チョコを贈る日

私にとって、今バレンタインは日頃お世話になっている人にチョコプレゼントする日です。
デパートには、いつも置いてない“ゴディバ”なんていう、自分で買うには勿体ないな~と思うチョコの特設コーナーもできます。

私は、毎年可愛い立体の“ベアー”がお気に入りです。
その年、思いがけずお世話になった友達や知り合いで、お歳暮やお中元を贈るほどではないけど、チョッと1,000円位の物を贈りたいな~って人っていませんか?
そんな時に重宝するのが、“バレンタイン”なんですよ!

選ぶのも楽しいし、貰う方も“ありがとう”って、気負わずに受け取ってくれます。
渡す人の年齢にもよりますが、数は少なくても“チョッと贅沢なチョコ”を選ぶようにしてます。
独立して、別に暮らしてる娘や息子、母、もちろん主人にも日頃の感謝の気持ちをこめて贈ります。
同性、異性を問わず、バレンタインは素敵なプレゼントチョコを贈る日になってます。

バレンタインの短期バイト
nice!(0) 

初めての年賀状バイト

高校一年生のとき二週間、郵便局の年賀状バイトをしました。きっかけは友達と行こうかと話したのがきっかけです。それぞれの場所に配属されて、大学一回生のバイトの人と一緒でした。

仕事内容はまず、町名ごとに分けてそこから住所、名前ごとに更に仕分けていきます。時間も限られているので、手早く分けていきます。

たまに住所や名前が間違っている場合があります。ですが、名前や町名のどちらかが合っていれば問題はありません。

休憩はもちろんありますが、朝から夕方までずっと立ちっぱなしなので足はパンパンになりました。わたしが配属されたのは仕分けバイトで、女性が多いです。男性は年賀状を配りにいったりする外が多かったです。その際はバイクの免許が必要だという条件がありました。

年賀状バイトは多少給料は低かったですが初めてだったので、いい経験になりました。
nice!(0) 

女性議員の大変さ

今回の衆議院選、議席数など変化はあるだろうと思いますが、自民党与党で決まりではないかと思います。

ですが、今回女性の議員さんが減ってしまうのではと心配しています。うちわの松島みどりさんや、収支ずれの小渕優子さんの問題もありましたが、1議員だけが何となく女性だからと厳しく責められているように感じました。ですが、事務所を取り仕切ったりしている人は必ずしも女性だけではなかったハズです。議員に選ばれたからには責任もありますが、特に女性だから叩かれているように感じました。

今回の議員選では残念ながら落選になるような気もしますが、地元をしょっている大事な議員さんだと思います。まだまた意識が性別重視のような気もしますが、政策や今までのの経歴をよく踏まえた上、有権者には投票に臨んで頂きたいと思います。

選挙関係のアルバイト
nice!(0) 

選挙には行くべきか

いつも選挙の投票率を見て思うことは、こんなに低くて民意は反映されるのかということです。

私は反映されるとは思えません。つまり選挙に投票したからと言って政治が変わる可能性は低いということです。

投票すべき相手がいない場合に白票を投じるという話も聞きますが、この票が有効票と認められるには高いハードルがあると思われます。

だからと言って投票しないというのはもっと意味がないことです。

民意が反映されないのはそもそも投票という意思表示をした人の絶対数が少ないからです。

確かに立候補者が掲げる公約は画一的なことが多く、またそれが実行されないという不信感があるのも事実ですが、それでも投票して、少しでも共感できる立候補者に票を集めることが大切なのです。

いきなり政治が変わることは難しいですが、少しずつ変えていくことはできるはずです。

選挙に投票するということは今の自分にではなく将来の子孫たちのために行うものだと考えるべきです。

http://xn--eckvdwa9801a9b1ayu7buea.com/
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。